楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ウィズコロナの旅行 OATAが高知県へ研修(2) 感染症対策を講じた現場体感

20/09/29

今回の視察は、初日には高知きってのカツオ漁が盛んな中土佐久礼にある活気あふれる「大正市場」を見学し、雄大な太平洋を眺めながら地元食材を味わえる宿「黒潮本陣」で昼食。そのあと日本三大清流のひとつ四万十川で屋形船に乗船し沈下橋や自然豊かな景観を楽しんだ。

四万十川で屋形船

四万十遊覧船に乗船し、
日本三大清流の四万十川を見学

説明会と食事会は足摺国際ホテルで行われ、飛沫ガードに囲まれたなかカツオのたたきなど高知県ならではの食材を味わった。

翌日は、足摺の景色には欠かせない白亜の足摺灯台や椿が茂る遊歩道など足摺岬を散策し、18年にリニューアルされた「ジョン万次郎資料館」を見学。続いて、今年7月18日にオープンしたばかりの新足摺海洋館「SATOUMI」に立ち寄った。同館は、竜串湾の生き物をメーンに約350種1万5千点が展示されている。

SATOUMI

今年7月にオープンしてまもない
新足摺海洋館「SATOUMI」前で

さらにカジュアルリゾート「ホテルベルリーフ大月」で昼食をとった後、透明度の高さで定評がありダイビングスポットとして知られる「柏島」へ。土佐くろしお鉄道・宿毛駅から中村駅まで乗車、車窓から太平洋の黒潮と四万十川を見学し、高知龍馬空港から伊丹空港へ戻った。

土佐くろしお鉄道

くろしお鉄道の車内。
宿毛駅から中村駅まで移動した

(前の記事)ウィズコロナの旅行 OATAが高知県へ研修(1) 県リカバリーCPで送客決意

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

観光復活は四国一周しこくるりから徳島編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。最終回は徳島県の旅...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ