楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

東南アジアへのインバウンドを学ぶ 自治体国際化協会がオンラインセミナー

自治体国際化協会は10月13日、「東南アジアへの販路開拓・インバウンド」をテーマしたオンライン海外経済セミナーを開く。観光、物産を担当する自治体職員らに参加を呼びかけている。

講師に自治体の観光誘客や特産品の販売促進を支援する企業を迎えて開催。東南アジアをターゲットにした事業展開について学ぶ。

講演内容は、ビンテージマネジメント社長の安田哲さんが「東南アジア販路開拓の基礎知識」、スターマーク代表取締役の林正勝さんが「東南アジアにおける自治体の海外展開の方策について―ベトナムでの事業展開を中心に」、アジアクリック・ゼネラルマネージャーの小桑謙一さんが「東南アジア市場の概況について」、ハラル・ジャパン協会 代表理事の佐久間朋宏さんが「ムスリム対応について」を演題にそれぞれ話す。

時間は13時―16時50分。Zoomウェビナー形式で開催する。参加は無料。事前登録制で、定員は500人。申し込みは締め切りは10月6日。

申し込みなど詳細は同協会HP(http://economy.clair.or.jp/activity/seminar/)へ。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ