楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

Go To効果で国内個人旅行回復進む KNT―CT、11月の旅行取扱は52・0%減

21/01/12

KNT―CTホールディングスの11月の旅行取扱総額は前年比52・0%減の227億500万円だった。この時点ではGo Toトラベルキャンペーン効果もあり国内旅行の個人利用が回復、大きな前年割れは続くものの持ち直してきていた。

国内旅行は同23・4%減の218億2200万円。団体旅行は大人数での旅行を敬遠する傾向がいまだ強く、一般団体が同79・3%減と回復してこないが、学生団体は修学旅行の再開の動きがみられ、同45・7%減。全体では同58・9%減となった。企画旅行も同様に同4・2%増と前年を上回るなど、Go To効果はやはり大きく、個人旅行は同44・5%減と改善傾向が続く。

海外旅行は同99・3%減の6500万円。団体旅行は一般、学生ともにほとんど取扱がなく同99・3%減、企画旅行もほぼ取扱がない状態が続いている。

外国人旅行は取扱がほぼない状態で、レイルパスなどの払戻しで98・5%減の5400万円。

なお、取扱額は近畿日本ツーリスト北海道、近畿日本ツーリスト東北、近畿日本ツーリスト関東、近畿日本ツーリスト首都圏、近畿日本ツーリスト中部、近畿日本ツーリスト関西、近畿日本ツーリスト中国四国、近畿日本ツーリスト九州、近畿日本ツーリストコーポレートビジネス、KNT―CTグローバルトラベル、KNT―CTウエブトラベル、クラブツーリズム、ユナイテッドツアーズ、KNT商事の合算。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ