楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

JATA、4月に「新・感染対策モニターツアー」 「新しい旅」検証へ12社が実施

21/03/31

日本旅行業協会(坂巻伸昭会長、JATA)は4月、「『新』感染対策モニターツアー」を実施する。新型コロナウイルス感染防止対策を講じたニューノーマル時代のツアーを会員旅行会社が実施。ウィズコロナ時代の安心安全な旅行の確立につなげていく。

モニターツアーはコロナ対策の最新の知見を取り入れた「新しい旅のかたち」を旅行業界として検証することが目的。今後の安全安心な旅行実施への検討材料にすることに加え、「旅行業のガイドライン」「新しい旅のエチケット」などの感染対策にも結果を反映させる。

参加旅行会社は3月29日時点で、エイチ・アイ・エス▽沖縄ツーリスト▽クラブツーリズム▽JTBメディアリテーリング▽JTBロイヤルロード銀座▽T―LIFEホールディングス・タビックスジャパン▽東武トップツアーズ▽日本旅行▽阪急交通社▽名鉄観光サービス▽読売旅行▽ワールド航空サービス―の12社。各社10―30人の1団体以上の催行を予定している。

ツアー内容は1泊2日以上で目的地は任意。旅行代金は各社が設定し、経費は主催社、参加費は参加者負担となる。

講じる対策は▽陽性判明時の参加者による報告体制の確立▽COCOAアプリの登録▽ツアー実施前のPCR検査▽健康チェックシートによる体調管理―など。

各社は順次参加を募集し、ツアーは4月上―中旬に実施する。

JATA新・感染対策モニターツアー

記者会見の様子

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ