楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

JTB 2021年度上期決算は構造改革で67億円の黒字を達成

21/11/22

JTBは2021年度上期の連結決算を発表した。売上高は前年同期比38・5%増の1798億円、営業損失は331億円、経常損失は260億円に上ったが、本社ビル売却などによる特別利益の計上により当期純利益は67億円の黒字となった。

会見する山北社長

山北栄二郎社長は「資産売却などで67億円の黒字に転換した。純資産も確保でき今後の成長に向けた財務体制を確保できた。2021年度は年間業績で黒字化を達成する」などと話した。

その上で新卒採用についても2022年度は見送るものの2023年度には再開する考えも明らかにした。

2021年度上期の売上高は前年同期に比べ500億円増加した。売上高の内訳は国内旅行571億円(前年同期比43・0%増)、海外旅行10億円(95・3%減)、訪日旅行277億円(894・4%増)、グローバル旅行8億円(92・4%減)、旅行以外931億円(71・5%増)だった。売上高構成は旅行以外が52%となり、初めて旅行事業を上回った。

山北社長は「旅行は国内、海外、訪日、グローバルすべての分野で落ち込んだが、旅行以外はオンラインイベントやハイブリッドイベント、行政のソリューション事業を拡大することができた。エリアソリューション事業として課題解決型のふるさと納税や産業、地域振興プロ―モーション事業は堅調だった。ビジネスソリューション事業も拡大した」と売り上げ構成が大きく変わったことを紹介した。

構造改革では販売管理費を2019年同期比で60・7%まで縮減した。国内グループ改革で4社を削減、期末までには計11社を削減する。国内店舗は計画の115店に迫る93店舗を廃止、7200人の人員削減目標に対し8170人が応じた。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ