楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

国スポ・障スポへ参画目指す 一社滋旅協、新会長に北川副会長

23/07/06

一般社団法人滋賀県旅行業協会(加納義之会長=トラベルメイトサービス)は6月6日、滋賀県草津市のクサツエストピアホテルで2023年度総会を開き、役員改選で北川宏副会長を新会長に選出し、加納前会長は監査に就任した。

今年度事業のうち経営推進事業では、国内観光の振興と新たな旅行ニーズへの対応として着地型旅行の推進を行政、運輸、宿泊、観光協会などの関係者と連携を図り、地域振興に貢献。25年に滋賀県で開かれる国民スポーツ大会(国スポ)・全国障害者スポーツ大会(障スポ)の取り扱いに向け県・市準備委員会・具体的なプロポ―ザルへの参画・連携強化に努めることを決めた。

北川会長は前年度について「滋賀県安全安心な観光バスツアー助成事業」の受付業務の受託や国スポ・障スポ大会開催実行委員会へのアプローチとして大津市、草津市、高島市の開催実行委員会にもそれぞれ委員として出席したことなどを報告。滋賀県の観光振興に寄与していることを伝えた。

一般社団法人滋賀県旅行業協会

疲弊した観光業界を早期に立て直す
と表明した北川会長

引き続いて行われた株式会社滋賀県旅行業協会(北川宏社長)の第12期定時株主総会では、役員改選で北川社長を再任…

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ