楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

就航以来最高の平均搭乗率を記録 ピーチ19年3月決算

19/07/10

ピーチ・アビエーション(ピーチ=井上慎一CEO)はこのほど2019年3月期決算を発表し、6期連続増収、営業黒字を達成した。18年度の平均搭乗率は、就航以来最高となる87.8%を記録した。

過去最高の搭乗率を記録

2012年3月の就航以来、累計搭乗者数が3000万人を突破

19年3月期決算は、営業収入が前期比110.4%の604億900万円、営業利益は同71.4%の41億3600万円で、最終損益はバニラエアとの統合に係る費用を前倒ししたため1億9300万円の当期純損失(前期は37億2800万円の当期純利益)を計上した。営業利益率は6.8%、平均搭乗率は87.8%(有償ベース)、有償旅客数は約551万人だった。

井上CEOは「6月1日より、バニラエアからの初の移管路線である東京(成田)-沖縄(那覇)線を運航開始するなど、今年度末をめどに完了する統合に向けたプロセスを着実に進めており、バニラエアが培ってきた首都圏を中心とするネットワークを活かし、国内線ならびに国際線ともに、さらに路線を拡大してまいります」とのコメントを発表した。

なお、12年3月1日の就航から国内線国際線累計搭乗者数が6月20日に3千万人を突破。大台の突破を記念し、国内線国際線の全路線が片道1千円から、という売り切れ御免の「3,000万人OOKINIセール」を10月26日まで展開している。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
この夏、海の鳥羽がひと際かがやく

本格的な夏の旅行シーズンが目前に迫り、梅雨明けが待ち遠しい。全国の観光地では活況に備え、魅...

瀬戸芸・日本遺産に湧く香川小豆島

3年に一度の瀬戸内国際芸術祭。瀬戸内海の島々を舞台に、世界中からゲストを集めるビッグイベン...

世界水準の山岳高原リゾート長野県で過ごす夏

世界水準の山岳高原リゾート地を標ぼうする長野県。特集後編はビーナスラインから。その中核リゾ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ