楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

JAL、19年度路線便数計画の一部を変更

19/08/27

日本航空(JAL)は21日、2019年度における路線便数計画の一部変更を発表した。国際線でのハワイ線の充実やプレミアムエコノミーの設定、国内線での季節運航増備便、新機材投入などを行う。

国際線はホノルル線でプレミアムエコノミーの設定数拡大

国際線は、例年同様、年末年始期間の成田―ホノルル線においてファーストクラスサービスの設定便を運航するとともに、「JAL SKY SUITE(*1)」仕様の新機材787-9(SS9Ⅱ)へ大型化を行い、プレミアムエコノミークラスの設定数を拡大する。

機材変更

(*4)  当該期間中、ファーストクラスを設定。販売開始は27日14時予定。

(*5)  当該期間中、プレミアムエコノミークラスを設定。販売開始は27日14時予定。

国内線は、羽田―新千歳の季節増便など

国内線は、東京(羽田)―札幌(新千歳)線の旺盛な需要に応え、一部期間に増便を実施するなど、季節需要に適合した運航を行う。2019年9月1日から東京(羽田)―福岡線で運航を開始する新機材エアバスA350-900型機(*2)について、東京(羽田)―札幌(新千歳)線・沖縄(那覇)線へ順次投入する。さらに国内線仕様機として新たにボーイング787-8型機が東京(羽田)―大阪(伊丹)線・福岡線で運航を開始する(*3)。

増便減便

運航路線

(*7) 運航対象便の詳細については、JALWebサイトまたは時刻表を確認。

(*1) 「JAL SKY SUITE」機材の詳細については、https://www.jal.co.jp/newsky/を参照。
(*2) 2019年4月4日付プレスリリース 第19003号「新型機エアバスA350-900、9月1日東京(羽田)―福岡線就航」https://press.jal.co.jp/ja/release/201904/005133.html
(*3) 2019年8月21日付プレスリリース 第19060号「ボーイング787-8、10月27日東京(羽田)―大阪(伊丹)線就航」https://press.jal.co.jp/ja/release/201908/005272.html
※以下の計画とスケジュールは関係当局への申請と認可を前提。

「JALグループは今後もお客さまの利便性、快適性、さらなるネットワークの拡充、商品・サービス品質の向上にチャレンジしていく」と同社。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ