楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

新型観光列車「海里」がデビュー JR東日本、新潟-酒田に

19/10/08

JR東日本は10月5日、羽越本線の新潟-酒田駅に、新たな観光列車「海里(かいり)」の運行を開始した。

日本海沿いを走る海里

海里のコンセプトは、新潟と庄内の食と景観を楽しむ観光列車。4両編成で1、2号車は乗車券・指定席券で販売、3号車は売店とイベントスペース、4号車は旅行商品として販売するダイニング24席。

4号車では、新潟発は新潟古町花街の有名料亭、行形亭、鍋茶屋、一〆が四季折々の日本料理を提供し、酒田発では山形県鶴岡市のアルケッチャーノの奥田政行氏監修の「奥田イタリアン」を提供する。1、2号車でも事前予約で海里特製、新潟と庄内の弁当を用意する。

景色で見どころとなるのは、新潟-山形県境の名勝、日本海・笹川流れの景観。桑川駅に、上り下りで20-30分程度停車し、隣接する道の駅笹川流れ夕日会館から夕日を望める季節もある。

定員は86人。外観は、夕日と新雪の融合を表現し、それ自体が、新潟の新しい風景となることに期待を込めた。金土日曜日を中心に、1日1往復、片道約3時間かけて運転する。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ