楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

インバウンドに個性訴求 日本の旅文化を創る会が総会

18/05/07

「日本の旅文化を創る会」(381会員、佐藤和志会長=秋田県乳頭温泉・鶴の湯)はこのほど、東京・新宿の京王プラザホテルで2018年度総会を開いた。

朝日旅行の協定旅館ホテルが加盟する同会は4年前、より独立性と独自性を発揮した運営を目指して会の名称を朝日旅行協力会から改称し、朝日旅行と協力した宿泊プランの開発や、JTBと連携したウェブ販売の強化に取り組んでいる。

18年度は同会と朝日旅行で構成する企画委員会による旅行商品の造成に一層力を入れる。

また、同会には宿泊施設の性格別に日本の宿を守る会、日本秘湯を守る会、日本文化遺産を守る会、日本源泉湯宿を守る会といったグループがあり、それぞれの会が研修や共同宣伝・販売にも努める。

佐藤会長はあいさつで「協定している朝日旅行は、丁寧な商品づくりが特徴の個性ある会社です。その傘下にある我々には、旅館一軒一軒はもとより、グループとして個性を発揮することが求められています。国内旅行者が減るなか、伸びているインバウンドで一番求められているのが我々の会だと思います。しかし、我々にオファーが来るのは、インバウンドに我々の情報が届いた時です。インバウンドで注目を集められるよう、しゃかりきに行動していきたい」と抱負を述べた。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ