楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「碧き島の宿—」に改称 ホテル中の島、高級志向の宿へ転換/和歌山

19/05/15

和歌山県那智勝浦町のホテル中の島は4月19日、名称を「碧き島の宿 熊野別邸 中の島」に改め、リニューアルオープンした。ターゲットを従来の団体客から個人客へ転換、高級志向の宿へと舵をきった。

同館は約50年にわたり旧屋号で営業していたが、近年の団体客から個人客への旅行ニーズの変化、施設の老朽化などを踏まえ、高級和風リゾート旅館へのリブランドを決断した。

リニューアルでは、従来の客室棟4棟のうち、3棟を解体。新客室棟「凪の抄」に一新した。

「凪の抄」は鉄骨3階建てで客室は10室。「山の熊野」「海の熊野」をテーマにした和モダンスタイルで、広さ40平方メートルのベッド2台のスタンダード、これに補助ベッド1台を加えたスタンダードユニバーサルをベースに、スタンダードコーナー、デラックス、デラックスコーナーの順に広くなる。全室がバルコニーに露天風呂を備える。1泊2食3万円から。

残る1棟「潮聞亭」は従来の高級志向をそのままに、温泉施設を一部改修して営業を続ける。

いずれの棟も客室は全室禁煙となる。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
麒麟をめぐる戦国観光の地・岐阜

戦国武将、明智光秀を描く「麒麟がくる」が2020年のNHK大河ドラマに決まり、光秀が生まれ...

緋色に染まる秋の滋賀

滋賀県の秋はパッチワークのように色鮮やか。琵琶湖は青い水をたたえ、山々は紅や黄に緑も混じる...

令和に号令、山陰新時代鳥取編

令和の時代に飛躍を図る山陰観光の今をお伝えする特集後編は鳥取県にスポット。道路網が充実、周...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ