楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

スローガンは「不易流行」 滋賀県旅館組合青年部、森永新部長が事業方針

19/07/26

滋賀県旅館ホテル生活衛生同業組合青年部(山本享平部長=紅鮎)はこのほど、おごと温泉の湯元舘で2019年度通常総会を開いた。役員改選で、新しい部長に森永朋和さん(びわ湖花街道)を選出した。

森永新部長が掲げた1期2年のスローガンは「不易流行〜2020年の先を見据えて」。事業として旅館ホテル経営の研究・研究・共有、青年部財源の増収、青年部員の増員などに取り組むことを発表した。

滋賀県旅館組合青年部

青年部員の増員に取り組むと森永新部長

また、親会や女将の会との合同研修や、事業の連携・協力で参加者に最大のスケールメリットが得られる展開を行うほか、経営者・従業員が一丸となった情報の共有を目指すとした。

山本前部長はこの2年間を振り返って、滋賀県の情報発信に対しては「事業を行っても発信ができなかったことが一番の反省だった」。異業種交流の連携については滋賀県中小企業青年中央会との縁で信楽陶器工業行動組合青年部、信楽陶器卸商業協同組合青年部との親ぼくが図れたことで「今後のつながりができた」と述べた。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
兵庫但馬で冬の寒さに抗う熱さ感じて

新年明けて、トラベルニュースat地域特集は、兵庫県北部の但馬地方にスポットを当てた。冬の味...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・京都府亀岡市編

明智光秀をめぐる物語は、いよいよ佳境に入っていく。京都府亀岡市は「本能寺の変」へ出陣した...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・岐阜県可児市編

戦国時代、斎藤道三が基礎を築き、織田信長が発展へと導いた現在の岐阜市。明智光秀はこの地で...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ