楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

都ホテル博多、26日から最上階レストラン“SOMEWHERE RESTAURANT & BAR”の予約を開始

19/08/22

都ホテル博多(福岡市博多区)は26日、最上階レストラン“SOMEWHERE RESTAURANT & BAR”の予約を開始する。レストランは、ホテル開業に合わせ、3階カフェラウンジ “CAFE EMPATHY” と共に9月22日オープンする。新たな博多の新たな名所として一流の食を提供する。

アフタヌーンティー 2,400円・税サ別(写真は2人分)

アフタヌーンティー 2,400円・税サ別(写真は2人分)

SOMEWHERE RESTAURANT & BARで極上の食を

店舗のプロデュースは、トランジットジェネラルオフィスが担当。「どこか素敵な場所」がコンセプトの90席のオールデイダイニング。ディナーメニューは、日本のイノベーティブシーンを牽引する東京・西麻布のミシュラン1つ星レストラン「Crony(クローニー)」の春田理宏シェフが監修。長崎県出身で東京でもフランス料理の経験を積んだ辻信太郎シェフが、九州各地の食材を斬新な視点で昇華させたイノベーティブなアラカルトやコース料理に仕上げる。メニュー名からは想像もつかないサプライズと遊び心溢れる世界観を、 天井まで届くガラス張りの開放的な空間で堪能できる。また、 ワインは「食べログアワード2019」で唯一「ベストソムリエ」を受賞した小澤一貴が選ぶ、 300本を超えるワインを用意する。

春田シェフ

春田シェフ

辻シェフ

辻シェフ

オープニング特典(ディナータイム)

1組当たりシャンパン、ワイン1本まで持ち込みが無料に。(2019年11月末まで)

SOMEWHERE RESTAURANT & BARロゴ

SOMEWHERE RESTAURANT & BARロゴ

 

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
緋色に染まる秋の滋賀

滋賀県の秋はパッチワークのように色鮮やか。琵琶湖は青い水をたたえ、山々は紅や黄に緑も混じる...

令和に号令、山陰新時代鳥取編

令和の時代に飛躍を図る山陰観光の今をお伝えする特集後編は鳥取県にスポット。道路網が充実、周...

令和に号令、山陰新時代島根編

山陰では今、令和の時代に飛躍を期する様々な取り組みが進行中だ。山陰デスティネーションキャン...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ