楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

パレスホテル東京 3四半期は宿泊稼働率減もADRは大幅増

19/10/25

パレスホテル東京は10月25日、第3四半期の業績を発表した。それによると7-9月の宿泊稼働は前年に比べ8・2ポイント減の72・3%だった。ただ、ADRは対前12・5%増の58693円と大幅に増加した。

国内外の個人レジャーを目的としたゲストの利用が旺盛で、スイートやクラブルームのご利用が多かったことがADRを押し上げた。

レストラン部門も宿泊と連動して、高単価ウイスキーやワインの売上が好調だった。

渡部勝総支配人は、「10月以降もラグビーワールドカップの熱気はそのままに、個人ゲストの利用が盛り上がっています。10月22日は、当ホテルも即位の礼正殿の儀にご出席のため来日された各国の賓客の方々をお迎えし、ホテルは国際色豊かにそして華やかに彩られました」と、第4四半期の滑り出しについてコメントしている。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ