楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

熊本市で20年2月に開催 ANTA主催第15回国内観光活性化フォーラム

19/02/26

第15回国内観光活性化フォーラムは2020年2月12日に熊本市で開催される。会場の熊本城ホールは今年夏に完成予定で、九州最大級のイベントホールを備える。来年のフォーラムは、16年の熊本地震からの復興をアピールすることになりそうだ。

フォーラムは、全国旅行業協会(ANTA、二階俊博会長)が主催。毎回全国から1千人規模のANTA会員が集まる。熊本県での開催は07年の第4回以来2回目。

開催に先駆けて18年12月3日には全旅協本部の近藤幸二副会長ら本部役員が熊本県庁と熊本市役所を表敬訪問し、蒲島郁夫知事、大西一史市長へフォーラム熊本開催への協力依頼を行った。

蒲島知事は「熊本地震からの復興に向けて大きな後押しになると期待しています」とフォーラム開催に謝辞を述べた。

第15回国内観光活性化フォーラム

昨年12月に熊本県の蒲島知事を表敬訪問した
ANTA近藤副会長ら
(写真提供・全旅協)

今後、本部実行委員会と地元実行委員会でフォーラム開催に向けて準備を進めていく予定だ。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ