楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

別荘感覚の新タイプ ホテルニューアワジG、「海のホテル島花レジデンスヴィラ」開業/兵庫

20/01/30

兵庫県淡路島の東海岸に昨年12月24日、1日5組限定で別荘感覚が味わえる宿「海のホテル島花レジデンスヴィラ」がオープンした。兵庫県洲本市のホテルニューアワジ(木下学社長)が旧企業保養所に5億円投資して全面リニューアル。グループとしては16軒目、淡路島島内では10軒目になる。

レジデンスヴィラは、洲本市のヨットハーバーを中心とする閑静なリゾートエリア・サントピアマリーナ内に立地。グランヴィラとガーデンヴィラの2棟で構成する。

海のホテル島花レジデンスヴィラ

海のホテル島花レジデンスヴィラ

昨年12月24日にオープンした
海のホテル島花レジデンスヴィラ。
2棟をまるごと貸切利用も可能

グランヴィラ棟は4ベッドルームを一棟貸しとし、キッチン付リビングダイニング、専有露天風呂、岩盤浴など含めた360平方メートルの空間を1組のゲストが2人から貸切りで利用できる。

ガーデンヴィラ棟は、日本の近代建築の巨匠・丹下健三氏設計の別荘を82平方メートルから135平方メートルの4つの温泉露天風呂付客室へリデザイン。

チェックインは海のホテル島花で行い、レジデンスヴィラへはシャトルボートで案内、淡路島の景観を楽しみながら特別感を演出。夕食は、グループホテルや洲本市内の飲食店を案内するほか、料理人の派遣や自炊も可能としている。

同施設では「年間を通じてお客様のご都合でご利用いただける別荘として、まるで我が家のようにリラックスして日常の喧騒から解放された滞在を叶える、ホテルニューアワジグループの新しいやすらぎの宿です」とし、企業の研修会や家族・グループの祝い事など2棟貸切にも対応する。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ