楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

蓼科親湯温泉、新型コロナウイルス対策へ消毒ポンプ増設など旅館独自の対応実施

20/02/03

「蓼科親湯温泉」を経営する親湯温泉(長野県茅野市)は2月1日、新型コロナウイルス対策を入館者全てに積極的に行なっている事を発表した。4カ国語に対応したアルコール消毒ポンプを増設するなどし、ウィルスの拡散・予防に努める。

レストラン前に設置されたアルコール消毒ポンプ

概要・背景

蓼科親湯温泉では日頃より衛生管理に力を入れており、 随所に手のアルコール消毒ポンプを設置している。 この度新型コロナウイルスなどの感染症予防のため消毒ポンプの数をさらに増やした。 そして全ての利用者(客、 社員、 納入業者)に、 手のアルコール消毒実施を呼びかけ、 今できる最善の取り組みを行なっている

4言語で利用を呼びかけているPOP

具体的な取り組み

・アルコール消毒ポンプの設置(玄関やカウンター、 トイレなど全11箇所)
・日本語だけでなく、 英語、 中国語、 韓国語の4言語でのアルコール消毒ポンプ利用の呼びかけ
・多言語による注意喚起文の設置
・入館前の手洗い及びアルコール消毒の実施
・全社員は出勤時必ず手洗い、 うがい、 アルコール消毒を実施
・状況に応じて食事会場、 送迎時の車内でのマスク着用

多言語での注意喚起文

今後の取り組み

状況に応じてその都度最善の対策を実施する予定。

3万冊の蔵書ラウンジ

親湯温泉について

大正十五年創業の蓼科温泉の旅館。 2019年4月に100周年カウントダウンプロジェクトの一環として明治、 大正、 昭和期の蓼科の軌跡を残すべく、 当時この地区の文化の中心であった姿を表現した全館リニューアルを敢行。
みすずラウンジ(みすず書房)や岩波の回廊(岩波書店)を擁し、 全集の他、 昭和初期の出版当時の装丁のままの貴重な本なども含め3万冊の蔵書を手にとって閲覧することができ、 クラシックなBarで当時を偲ばせる知的な空間を提供している。

【会社概要】
会社名 合資会社親湯温泉(創業大正十五年 蓼科親湯温泉)
代表者 代表取締役 柳澤幸輝
創業年 大正15年 6月
法人設立  昭和23年10月21日
所在地 長野県茅野市北山4035
会社HP    https://www.tateshina-shinyu.com/

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

通潤橋の放水とともに熊本山都観光が大号砲

熊本県山都町でもっとも知られる観光スポット、国指定重要文化財「通潤橋」が今年4月、4年ぶ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ