楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

コロナ:秘湯を守る会 スタンプ帳の有効期間を6カ月延長

20/04/17

日本秘湯を守る会(164軒、星雅彦会長=新潟県栃尾又温泉・自在館)は4月8日、宿泊スタンプ帳の有効期間を再延長すると発表した。

コロナウイルス感染拡大防止で、政府が4月7日に緊急事態宣言を行ったのを受けての措置。

乳頭温泉鶴の湯も日本秘湯を守る会の会員宿

日本秘湯を守る会では、会員施設で1泊につき1個、10泊して合計10個スタンプを集めると1泊無料招待する、宿泊スタンプ帳を発行している。

スタンプ帳の有効期間は、最初の宿泊から3年、招待対象期間は3年間プラス6カ月。同会では政府からの外出自粛要請などで、有効期間を3カ月延長していたが、これを6カ月に延長した。

具体的には、押印中のスタンプ帳の有効期限が2020年4月1-9月30日について、押印・招待期間を6カ月延長する。すでに10個押印済みで、招待有効期間が2020年4月1-9月30日のスタンプ帳についても、招待期間を6カ月延長した。

同会は1975年に発足。北海道から鹿児島県まで、主に山間部にある小規模な温泉旅館で構成。乳頭温泉鶴の湯(秋田県)、法師温泉長寿館(群馬県)などの人気旅館も加盟している。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ