楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

将来の宿泊へ“前払い” 種プロジェクト、苦境の旅館ホテル応援

20/04/28

「将来の宿泊のために、先に料金を支払っておきませんか」―。新型コロナウイルス感染症の拡大で大量キャンセル、新規予約の激減に見舞われている旅館ホテルを応援する「種プロジェクト」が4月から始まった。窮地に陥っている宿泊施設へ宿泊料金を前払いするもので、ウェブ上でサポートを呼びかけている。4月22日現在、31の宿泊施設、サポーター404人が登録している。

プロジェクトの発起人で事務局を運営しているのは、これまで多くの旅館のホームページなどを作成してきたウェブデザイナーの丹羽尚彦さん。本紙でコラム「CS宣言」を20年にわたって連載し、今号(トラベルニュースat4月25日号)から「未来への指標」がスタートした井門隆夫さん、温泉ビューティー研究家の石井宏子さんらも名を連ね、苦境に陥った宿泊施設を応援する種プロジェクトを立ち上げた。

運営は完全にボランティア。送客手数料など宿側の費用負担はない。旅館・民宿・ペンション・ホテル・ゲストハウスなど希望する宿泊施設は基本的にすべて登録できる。

宿泊施設側は、サポーターへのメッセージ、新型コロナが原因となった推計損失額などを記入しウェブサイトから直接申し込む。

サポーターになるためには事務局が作成、公開したサポートページから、応援したい宿泊施設をクリック。「泊まりに行きますよ」などの応援メッセージとともに、近い将来の宿泊料金の一部(1口5千円から)を前払いする。

サポーターへの告知や金銭収受は宿泊施設が直接行う。サポーターからの入金確認後、事務局が用意したサポーター前払証書をサポーターに送付。証書の有効期限は発行日から3年間で、「宿泊施設もサポーターも3年間はお互いにがんばろう!」というのが種プロジェクトの約束事だ。

種プロジェクト

「種プロジェクト」サイトのトップページ

丹羽さんは「今、私たちは泊まりに行きたくても自分が知らない間にウイルスの運び屋になってしまうかもしれない、という不安があります。しかし宿はお客さんがゼロでも毎月の支払いがあります。そこで働く経営者や従業員にも生活があります。そういった宿に今は行けなくても、近い将来泊まりに行くことができます。そのときの宿泊費用を今払っておくことで、今苦境の宿を応援することになるのがこのプロジェクトの目的です」としている。

現在登録している宿泊施設は北海道・東北6、関東4、中部・北陸17、近畿3、九州・沖縄1。サポート数は延べ404人で、サポート総額は1474万円。

URLはhttps://save-ryokan.net/。

(関連記事)コロナ:将棋の渡辺三冠 ブログで苦境の旅館に思い寄せる

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ