楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

旬な話題はグランピング 高知県室戸市

20/09/14

高知県大阪事務所の坂本祐平さんと市川賢さんがこのほど、トラベルニュース社大阪本社を訪れた。坂本さんは大阪勤務3年目というベテラン?だが、市川さんは今春、室戸市から出向してきたばかりの新人。出向と同時にコロナ禍で、ほぼ自宅勤務が続き、ようやく地元・室戸市のアピールに小社訪問となった。

市川さんが“旬”な情報として届けてくれたのは、室戸ジオパーク内にオープンしたグランピング施設「MUROTO base55」。16ある宿泊棟のうちコンテナハウス8棟のインテリアは、世界最大の家具量販店IKEAが手がけた。

海側の開口部にはウッドデッキを設置し、バーベキューハウスやハンモックなどを備えた中庭がある。「昼は青空、夜は満天の星空をお楽しみいただけるほか、食事は室戸の鮮魚と野菜をメーンに、高知県産にこだわった料理を味わっていただけます。食事やバーベキューだけの利用も可能なのでグランピング施設をベースに室戸観光を満喫ください」と市川さん。

料金はコンテナハウス1人1泊7700円(11−5月)、8800円(6−10月、いずれも税込、朝食代含む)。夕食のバーベキューセットは事前予約で室戸の魚介類、肉、野菜が付いて2800円から。

坂本さんは「日本一の生産量を誇る土佐備長炭の原木ウバメガシの安定確保が課題になっているんです。今、ウバメガシ以外の原木に注目しているのが室戸市で、市内に多く生えるアラカシを活用しようとする取り組みが始まっています」と紹介した。

高知県大阪事務所のお2人

高知県大阪事務所のお2人

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ