楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

厚労省 ホテル再開では、レジオネラ症防止対策に留意を

20/05/19

厚生労働省生活衛生課は、宿泊施設や公衆浴場等が施設の利用を再開するにあたって、レジオネラ症の感染防止対策に留意するよう求めている。

5月13日、全国の都道府県や保健所設置市、宿泊団体などに対し、施設管理者に周知するよう文書で要請している。

コロナウイルス感染拡大防止に伴う、ゴールデンウイーク期間中の休業要請の終了や、緊急事態宣言の対象エリアの縮小で、営業を再開もしくは再開を予定している宿泊施設は多い。

施設を使用しない期間中に、空調設備や浴場循環施設では滞留している、古い水に、レジオネラ属菌が増殖している危険性がある。

そのため生活衛生課では、「レジオネラ症対策としては、加湿装置、冷却水、給湯設備等の管理が重要である」とし、長期間使用を休止していた建築物の使用を再開する際には、空気調和設備等の点検や清掃を適切に行うよう求めている。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ