楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

コロナ後の宿泊拡大に集中 日旅連が20年度総会

20/03/26

日本旅行協定旅館ホテル連盟(1935軒、桑島繁行会長=知床グランドホテル北こぶし)は2月20日、東京・浅草ビューホテルで2020年度総会を開いた。19年度事業と決算、20年度事業計画と予算を審議、承認した。

20年度は、宿泊販売拡大を目標に、日本旅行セールス担当者とのワークショップや台湾での商談会に取り組む。

桑島会長はあいさつで「コロナの感染拡大が観光に多大な影響をもたらしている。一刻も早く終息宣言願っています。今日の総会開催も悩みましたが、この段階で観光業界が自粛することは前例としてよくないと判断しました。マスク着用やアルコール消毒を徹底し、懇親会もコンパクトに実施します」と理解を求めた。

日本旅行協定旅館ホテル連盟

「観光業界が自粛することはよくない」
と開催に至った経緯を話した桑島会長

また、日本旅行の堀坂明弘社長は「コロナ対策本部を毎日のように開いています。どこかで終息することを想定しながら、直ちに反転攻勢するのが旅行業界の使命だと思っています。想定されなかったリスクですが克服したい」と力を込めた。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ