楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

東京のホテルから:招き猫を磨くだけじゃダメなんだ

20/09/15

年明け早々から始まった新型コロナウイルスの感染拡大を受け、お客が来ない。「来月こそは」と思いながら、春が去り、そして、早くも夏が終わってゆく。

人通りも増えた銀座四丁目(中央区)

こんな時こそ、普段出来ない片付けや掃除をなどと思っていたが、最近では、やり尽くした感がある。先日も、普段目にしながら、なかなか手に取ることのない、レストランの片隅に置かれた招き猫を磨いてみた。長年の埃と汚れを落としながら、そんなジンクスにすがる自分が滑稽に思えてきた。

帰宅後、家族にそんな話をすると、ハッパをかけられ、テレワーク用プランの販売と、飲食部門の積極販売を勧められた。所詮、素人意見と小馬鹿にし、どうせダメだろうと渋っていたが、結局は根負けし、翌日よりテレワーク用プランの販売と、レストンを稼働させることにした。

結果、わずかではあるが予約が入り始め、レストランも今までにはいなかった客層が入り始めた。不況が続き、気持ちが後ろ向きになると、チャレンジ精神が失われ、負のスパイラルに陥ってしまう。そんなことを再確認させられた出来事だった。

長引く不況に気持ちが折れそうになることは、しばしばではあるが、気力を失わず、常に挑んでゆく姿勢。活路を見いだすには、結局これしかないのではなかろうか。

(中央区のホテル経営者)

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ