楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

コロナ発症は4カ月でわずか JCHA会員調査、地域クーポン発券が負担の声も

20/12/27

全日本シティホテル連盟(JCHA、清水嗣能会長)は12月23日、会員ホテルを対象に実施した2020年8−11月の新型コロナウイルス感染症を発症した宿泊者数の調査結果を明らかにした。回答のあった224ホテルでは21人が発症、全宿泊者数に占める割合は0・0008%だったことがわかった。

期間中の224ホテルの宿泊人数は251万5853人で、発症率としては10万人あたり1人に満たない0・84人。発症者が見つかった場合「保健所に連絡し対応」が14件、「近隣病院に連絡対応」が5件など。スタッフ全員がPCR検査を行った施設、館内消毒を専門業者に依頼したホテルもあった。

また、期間中のGo To利用割合は51・1%、地域共通クーポンは80万4千枚を発券していた。ただ会員からはクーポン発券に伴う業務負担が大きく、発券手数料を支払ってほしいという要望も。ビジネス利用でも地域経済への貢献度が高いことからGo Toがビジネス利用を再度可能にするよう求める回答もあった。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ