楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

OKE12湯の風呂桶 和歌山県の旅館女将ら制作

21/02/15

和歌山県内の温泉をアピールしようと、旅館女将らがオリジナル風呂桶を2月3日に白浜温泉で披露した。

制作したのは、県内12温泉地の魅力を全国に発信しようと組織する「わかやまOKE12湯」の皆さん。和歌山県産の槙の木で作った木製の風呂桶で、桶の中央に県内温泉地の所在地マップが描かれており、温泉マークに「ちゃぽーん」の文字が入ったユニークなデザイン。

メンバーの一人、白浜温泉おんせん民宿・望海の原のどかさんは「OKEは温泉の入浴に使う桶とお客様にいつでもOKですよ、と明快にご返事させていただくという意味が込められています。旅館のフロントにこの桶がおいてある旅館の温泉とサービスは間違いなしです」とニッコリ。

望海の原のどかさん

わかやまOKE12湯の風呂桶を披露する
民宿望海の原さん

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
湯どころ北陸流ウィズコロナの旅石川山中編

“ウイズコロナの旅”を推進する北陸を紹介する今回の石川県山中温泉の魅力にスポット。未だ制...

湯どころ北陸流ウィズコロナの旅石川山代編

“ウイズコロナの旅”を推進する北陸を紹介する今回の石川県山代温泉の魅力にスポット。未だ制...

三重鳥羽から始めるウィズコロナの旅

東京や関西などの緊急事態宣言が6月20日にようやく解除された。引き続き感染予防の徹底は求め...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ