楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

オリックス クロスホテル3施設で30泊プラン、移動も可能

21/04/07

オリックス・ホテルマネジメント(東京都港区)は4月6日、シティホテルブランド「クロスホテル」の3施設を対象に、30泊13万5000円の中期滞在プランを発売した。同料金で1室2人まで利用できる。

クロスホテル京都のロビーラウンジ。ワークスペースとして利用できる

3ホテルはクロスホテル札幌(札幌市中央区)、クロスホテル京都(京都市中京区)、クロスホテル大阪(大阪市中央区)。客室面積は28―37平方メートルで広めのデスクを備えている。

客室以外のロビーやラウンジもワークスペースとして利用できる。希望者には通常1980-2640円の朝食を1人あたり1000円で提供する。

同一ホテルに全泊するほか、20泊分のメインホテルを指定すれば、残りの10泊は他の対象ホテルを利用できる。テレワークだけでなくワーケーションにも応えるプランになっている。

いずれも連続した30泊が条件で、支払いはホテルウェブサイトでの事前決済か宿泊初日のチェックイン時に行う。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ