楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

アスコット丸の内東京でマーライオンを見て紅茶を飲む

21/05/02

アスコット丸の内東京(東京・大手町)の22階ラウンジに、高さ2メートルほどのマーライオンが置かれた。シンガポール旅行気分が味わえる宿泊プラン「シンガポールステイケーション in 東京」の紹介記事を書いたとき、「GWにはマーライオンが届く予定」と聞いていて見に行った。

海外旅行に行けないGWに都内で海外旅行気分を味わえるなら楽しそうじゃないか。

ラウンジのマーライオン

アスコット丸の内東京はシンガポール発祥のラグジュアリーサービスレジデンスで、開業は2017年。長期滞在できるアパートでもありホテルでもある。

フロントとラウンジは22階にあって、大手町の一角のビルのさりげない入口からエレベーターで直行する。

ラウンジの中央、窓側に花に囲まれた真っ白なマーライオンが立っていた。写真スポットにしてほしいとも事前に聞いていたから、さっそくマーラインを撮り、それからスタッフにマーライオンと一緒の写真を撮ってもらった。

7月10日までのシンガポールステイケーションの販売期間中、このラウンジでシンガポールの紅茶ブランド「TWG Tea」の無料サービスがある。宿泊客でなくてもオーケーだ。宿泊客以外にもシンガポール気分とアスコットの雰囲気を体験してもらおうと奮発した。

1階入り口が入りづらいだけに、マーライオンと無料ティーサービスは、アスコットのラウンジを体験するにはいい機会だ。

どんな紅茶だろうと待っていると、スタッフは箱に入った6種類のティーバッグを見せながら好きなものを選んでいいと意表を突いてきた。カフェで紅茶と頼んだら紅茶が出てくるものだと思っていた。選べるというのはいい。

ティーポットとカップが運ばれ、同行者が頼んだ別の紅茶も味見をしたり、ひと時滞在しキレイなトイレを借りてからラウンジを出た。

無料ティーサービスは毎日13-17時まで。1人1杯までと心得てほしい。顔を覚えられない程度に再訪したい。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ