楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

有田焼でフレンチ料理 淡路インターナショナル ザ・サンプラザが提供/兵庫

21/09/28

兵庫県・淡路島の淡路インターナショナルホテル ザ・サンプラザ(樫本文昭社長)は、これまで和食中心の料理を出してきたが、9月13日から有田焼の器を使ったフレンチのコース料理の提供を始めた。

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた大阪のホテルから洋食のシェフを受け入れたことで、本格フレンチの導入に踏み切った。コースのテーマは「和食器で味わうフレンチ」。1日10食で、全9品。

青色の丸皿や緑が内側になった白皿など多彩な有田焼に、サバのマリネや淡路島産の魚介類のお造り、淡路和牛などを盛り付け、和洋を融合した料理の楽しみ方を提案していく。

淡路インターナショナル ザ・サンプラザ

コロナの影響を受けた大阪のホテルから、洋食のシェフ
を受け入れたことで導入した本格フレンチのコース料理

樫本社長は「淡路島の食材を生かし、お箸でおめし上がりいただけるフランス料理を当館自慢の有田焼に盛り付けました。ぜひ一度お越しください」と話している。

料金は1食1万3200円(税込)、2人以上から。1泊2食だと2−3人で2万6400円(同)、土日曜日は3万1900円(同)。

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ