楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ハイアットセントリック銀座東京 11月はヴィーガンアフタヌーンティー

21/11/10

ハイアットセントリック銀座東京は11月30日まで、3階のレストラン「NAMIKI1667」で「ヴィーガンアフタヌーンティー」を出している。好評だったヴィーガンケーキセットを11月限定でアフタヌーンティーにリニューアルした。

初めてアフタヌーンティーを体験

アフタヌーンティー激戦区の東京では各ホテルが季節ごと、月ごとにテーマや素材に趣向を凝らし新作の提供を続けている。ハイアットセントリック銀座東京ではヴィーガン仕様で違いを打ち出した。

モンブランやムース、ラズベリーといちじくのタルトなど6種類のスイーツとシイタケとヘーゼルナッツなど3種類のセイボリーに、日替わりの小菓子が付く。数種類の紅茶とコーヒーはお代わりが自由。

価格は4950円。

試食会で初めてアフタヌーンティーを体験する機会を得た。アフタヌーンティーは飲むのか、食べるのか、こんなところでつまずいている初心者にホテルのスタッフは「食べるでいいと思います」。

夫婦でときどきアフタヌーンティーを利用するという30代男性の知り合いからは事前に、「スイーツをばくばく食べるわけじゃなく、居心地のいい空間とサービスでゆっくりと2時間ほど滞在するもの」と楽しみ方を聞かされていて、それに倣った。

「紅茶は数種類をお代わりできるプランがいい。別料金のホテルもあって、かなりがっかりした」というポイントも聞いていて、その点、試食会では数種類の紅茶のお代わりを何度か勧められた。

利用者は圧倒的に女性が多い。試食会も参加者約20人のうち男は自分1人だけだった。見回して女性限定の会だったのかと不安になったほどに。ただ、男性の利用も少しずつ増えている。スイーツ好きの男性の1人利用も歓迎してくれるそう。

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ