楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

フェアフィールド・バイ・マリオット・北海道南富良野が開業、全国で18軒目

22/06/24

積水ハウスとマリオット・インターナショナルは6月23日、北海道南富良野町に「フェアフィールド・バイ・マリオット・北海道南富良野」を開業した。3階建て78室。

夏は近くのかなやま湖や空知川でカヌー、ラフティング、釣りなど、冬はスノーシュー、犬ぞり、バックカントリートレッキングなどができる。

シンプルな外観デザイン

ホテルは、両者が自治体などと連携し進める道の駅隣接ホテル建設プロジェクトの1つで、全国で18施設目。北海道では5月に開業したフェアフィールド・バイ・マリオット・北海道えにわ(恵庭市)と北海道長沼マオイの丘公園(夕張郡長沼町)に次いで3軒目となる。

今後、兵庫県、岡山県、広島県、福岡県、佐賀県、熊本県、鹿児島県の7県11カ所で開業を予定していて、2025年には26道府県に約3000室規模を目指している。

ホテルは宿泊特化型で、食事や土産の購入は道の駅をはじめ地域の店に誘導する。訪日客を含むファミリー層を主な客層に位置付けている。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ