楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「雪の大谷」と「となみチューリップフェア」-春は雪と花の壁 富山県立山黒部・砺波市

19/04/11

「立山黒部アルペンルート」と「となみチューリップフェア」のアピールでこのほど、立山黒部貫光と砺波市からPR隊がトラベルニュース社東京オフィスにやってきた。

富山県と長野県を結ぶ山岳観光ルート「立山黒部アルペンルート」は4月15日に全線開通する。立山黒部貫光の武田史織さんは「室堂平では4月15日、雪の大谷フェスティバルが開幕します。約500メートルにわたり続く、高さ20メートルの雪の壁の中を歩く雪の大谷ウォークを体験いただけます。今年は全国的に暖冬でしたが、例年並みの景観が期待できますよ」。

立山黒部・雪の大谷フェスティバルは入場無料、期間は6月22日まで。悪天候で大谷ウォークを楽しめない時のため、今年は室堂ターミナルの上に約100メートルの雪の回廊も登場。こちらでも高さ8メートルの雪の壁が体験できる。

国内最大級300万本のチューリップが見られる「となみチューリップフェア」は4月22日―5月5日、砺波市の砺波チューリップ公園で開かれる。今年のプリンセスチューリップの1人、野村芽衣さんは「砺波市では大正時代にチューリップの栽培が始まりました。元号が変わる5月1日には一部会場のチューリップを植え替え、大正、昭和、平成を代表する品種を展示するのでお楽しみに。雪の大谷をイメージした高さ4メートル、長さ30メートルのチューリップの回廊も人気ですよ」。

今年のフェアのテーマは魔法だそう。魔法にかかったように多くのゲストに笑顔の花を咲かせたい。

富山県立山黒部・砺波市の皆さん

富山県立山黒部・砺波市の皆さん

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ