楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

子どもたちが「バスのお仕事体験」 大阪・商都交通がツアー開き貸切バスの魅力発信(1)

商都交通(大阪市中央区、三野文男社長)は8月17日、児童養護施設の児童を招いて「バスのお仕事体験」ツアーを実施した。貸切バスを身近に感じてもらおうと今回初めて企画。バスの運転席に実際に座ってみる体験や整備士の説明を聞きながらエンジンルームを見学、バスガイド体験なども行った。

児童養護施設の児童を招く 手作りのツアーでもてなし

児童は、大阪府三島郡の社会福祉法人大阪水上隣保館・ 遥学園で生活する就学前2―6歳の男女29人。同学園の先生16人も同行した。旅行に行く機会が少ない上、貸切バスに乗車した経験のある子もほとんどいない。同施設と関わりのあった旅行会社の営業マンが同社の三野正男専務に相談し、企画の実現にこぎつけた。

バスの運行にかかる費用は商都交通が全額を負担し、子どもたちの体験内容についても同社スタッフが考案した。子どもたちに提供する弁当もツアーの趣旨に賛同した仕出し業者が格安で提供した。

ツアー当日、企画のきっかけをつくった営業マンの仲間、大阪府内や奈良県内で旅行会社を経営する平均年齢40歳の有志がボランティアで集まった。商都交通スタッフ手づくりの歓迎ボードを皆で掲げて子どもたちを出迎えた。

商都交通

バスの前で子どもたちと
スタッフらが記念撮影

(次の記事)子どもたちが「バスのお仕事体験」 大阪・商都交通がツアー開き貸切バスの魅力発信(2)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
滋賀県で架ける虹色の旅へ

滋賀県の観光キャンペーン「虹色の旅へ。滋賀・びわ湖」が7月15日に始まった。12月24日までの期間中...

夏だぐんまに行こう

2017年10月、群馬県高崎市の3つの石碑「上野三碑」(こうずけさんぴ)がユネスコの「世界の記憶...

世界が認める孤高の島島根隠岐へ

海は碧く透き通り、島の濃緑と美しいコントラストを描いている。白雲がたなびく空を貫くような断崖、...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ