楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「これぞ」の取り組みを表彰 コレゾ賞、観光庁長官も出席し10回目(2)

また、本来の寒天の原材料は天草(てんぐさ)だが、食品表示法では天草以外のオゴノリなどの海草を使っても問題ない。そこで平野さんは伝統的な手法で寒天づくりにこだわる小笠原商店の小笠原義雄さんを「両親と共に、本来のテングサ(天草)100%、伝統製法によるホンモノの天然糸寒天を守り、つくり続ける兄弟」賞としてコレゾ賞を贈った。

この2つの事例でわかる通り「真っ当で当たり前のことを当たり前に続けている人たち」を認定しているのがコレゾ賞で、原則として毎年12月の第1土曜日にコレゾ賞の表彰式を実施。2019年の第10回記念表彰式は徳島県三好市の観光施設「大歩危峡まんなか」で開催された。同財団の特別最高顧問で元国土交通事務次官の岩村敬さんや観光庁の田端浩長官、四国運輸局の上園政裕局長、三好市の黒川征一市長が出席した。

コレゾ賞

徳島県三好市の大歩危峡まんなかで
開かれた第10回記念表彰式

黒川市長は「コレゾ賞を受賞しておられる300人の方々の活躍がホンモノの日本文化を伝えることになると思います。頑張ってください」。上園局長は「今回来ていただいたコレゾ賞の受賞者の皆さんには四国の食や文化を体験していただいて、各地に戻って四国の良さをアピールしてください」とあいさつ。

田端長官は「岩村さんが国土交通審議官で私が観光部の課長のときに平野さんはよしもとトラベルエンターテインメントの代表取締役でした。そのときに行われた『よしもと温泉観光地グランプリ』で大歩危・祖谷温泉郷がグランプリを受賞したときからご当地との縁が始まり、毎年来させていただいています。ラグビーワールドカップは試合の盛り上がりはもとより地域との交流が地域、選手に喜ばれました。財団の取り組みは地域の人たちを元気にする活動ですので、我々も同様に日本を元気にする取り組みを行いたい」とコレゾ財団へエールを送った。

(前の記事)「これぞ」の取り組みを表彰 コレゾ賞、観光庁長官も出席し10回目(1)

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ