楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

人材不足に「育て方改革」

17/11/29

旅館の人手不足が深刻になっています。人が足りなくて部屋を埋められないという話はもう日常茶飯事。自ら求人サイトを立ち上げたり、人材派遣会社と提携したりと、工夫に余念がありません。そうしたサイトを訪問すると昨今の風潮を意識して、残業ほぼなし、定休日あり、就職祝い金10万円進呈、と何とか人手を確保したいという思いが表れています。

しかし、若い人材を送り出す側にいると、ものすごい危機感を感じるのです。ここまでして獲得した人手にちゃんとした人材がいるのだろうかと。

ひと言で言うと、仕事を「ライフワーク」と思っている、あるいはしようと考えている人材は少なく、ほとんどが稼ぐ手段としての「ライスワーク」としか考えていないからです。目標もなく、今の仕事が特に好きでもなく、誇りもなく、ただ何となく働いているからこそ、残業とか住宅とか、そんな「自分の労働環境」のことばかり考えてしまう人材しか生まれていない国、それが日本のような気がします。かといって、手に職がついていないし、人脈も情報もないので辞めるに辞められない。そうした丸腰の人材ばかりを生んできた社会に問題があるような気がするのです…

(井門隆夫=井門観光研究所代表取締役)

(トラベルニュースat 2017年11月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
実りの島壱岐で粋な旅

玄界灘に浮かぶ長崎県・壱岐。古事記の国生み神話と大陸との交流を伝える歴史遺産、離島ならではの風...

四国が描く観光の渦に飛び込め愛媛編

四国特集の大トリは愛媛県。日本が誇る古湯・道後温泉では新しい外湯施設が誕生、加えて定番のアート...

四国が描く観光の渦に飛び込め高知編

四国特集第3弾は高知県。今年の大政奉還150年、来年の明治維新150年と幕末の大きな節目が続き...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携アイテム。大阪にある全国の出先案内所収録。毎年5月発行

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。18年版11月15日発売

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ