楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

オーバーツーリズム解消はコミュニティの力が不可欠

19/09/26

観光地の許容量を超えて旅行者が訪れるオーバーツーリズムが世界各地で問題になっています。その多くに共通するのは、その地のポテンシャルに比して地価が安い国に売却益目的の不動産投資が続く結果、宿泊キャパシティの過剰な増加や地価の値上がりを誘発している点です。日本でも東京や京都、ニセコなどでマンション価格が急騰していますが、マナー問題以上に、住民が家を売って出ていき、都市の空洞化を招いてしまうおそれが危惧されます。

それに対抗し、問題解決に結びつけるためには、コミュニティの力が不可欠です。地域外ではなく、地域の企業が地域に投資し、その収益を地域に還元し、地域内での経済循環を高めながら適正な旅行者数を維持していく「現代版コミュニティベースドツーリズム(CBT)」を具現化することです。

CBTは、主として少数民族などの文化が残る地域に地域外資本が投資し、新たな雇用を生み、地域主導で環境を守り続けるツーリズムを指してきました。あくまでインカムゲインが目的で、売却益は想定していません。

しかし、人口が減少していく現代においては、逆に雇用者を生む必要があります。残念ながら観光業だけで移住者を引き寄せるのが難しいため、都市型の生産性の高い異業種企業と協業し、そうした企業がまちに投資することにより新しい観光コンテンツを作り、その会社に憧れる移住者を増やし…

(井門隆夫=井門観光研究所代表取締役)

(トラベルニュースat 2019年9月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ