楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

スマホ=ゲームの貧困な発想 デジタルツールは大人が学べ

20/01/27

私が大学の授業で日々スマホを使っていることを話すと、いまだに驚かれます。

一方で、香川県では18歳未満のスマホ使用は1日1時間という条例を可決したとか、浜松市では教員は職員室以外ではスマホ禁止とか、日本は石器時代か、というようなニュースが流れてきて、こちらのほうが驚いてしまいます。

大学入試も文章問題の是非とか生産性の低い議論が繰り広げられていますが、日本の学校ではテストは相変わらず紙が常識なので仕方ありません。PCなどのデジタル機器を使った入試をすれば済む話だと思うのです。AIを活用しリアルタイムで解答を判断していけば、テスト終了時点で合否もわかるし、採点の手間もかかりません。

スマホを使うのはネットゲームをするためというのが大人の常識らしく、授業中はしまえと指示されますが、それは、ペンと辞書をしまえと言っているのと同じだということに気づいてほしいと願うばかりです。授業中にネットゲームをするとすれば、授業がつまらないからです。先生方がスマホ禁止なのは、スマホを使って盗撮するからという真面目な理由には、もう返す言葉も思い浮かびません…

(井門隆夫=井門観光研究所代表取締役)

(トラベルニュースat 2020年1月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ