楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

弱者こその「矜持」を持つ 20年間のご愛読に感謝

20/03/26

中小企業は生産性が低いから要らないと仰る方もいます。そうした中小企業を一掃するのは簡単です。経済危機が到来すれば立ちどころもありません。資本が小さいほど、自己資本の割に債務が多く、債務超過になりますので。自己破産がその解決手法になってしまいます。

生産性は確かに上昇し続けていますが、打って変わって世界の労働者賃金は70年代から停滞を続けています。その利益はどこへいったかといえば、資本家、そのまた資本家の元へと流れていくのはご存じのとおりです。

そもそもは、1971年8月15日にニクソン・米大統領が海外保有のドルの金兌換停止を宣言した日から始まりました。以後、実物貨幣は信用貨幣となり、無限に発行できる米国債で核をはじめとする戦費が調達され続け、その傘の下にいる国々は返してもらえるのかわからない米国債を買わされ続けています。

私たち国民は、免疫力さえあれば治癒することに耳を塞ぎ、海外でワクチンが開発されるまで自粛を続けるのでしょうか。そのワクチンは本当に効くのでしょうか。

そういう話題を出すと、陰謀論者というレッテルを貼られてしまうので誰も言い出さないのですが。現在の資本主義の仕組みでは、労働者や中小企業、そして日本といった弱者が救われることはあり得ないという覚悟をもって生きることが必要なのかもしれません…

(井門隆夫=井門観光研究所代表取締役)

(トラベルニュースat 2020年3月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ