楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

CS宣言コラム

「罠」にはまらない若者-働き方も大きく変わる

18/08/28    

今の若者は家も買わない、車も買わない。つまり、欲がないという論をたまに見かけますが、大いなる誤解です。 欲がないのではなく、家も車も買った後に価値が上がる時代ならさておき、買った瞬間から価値が目減りする時代に、むしろ「所有する気持ちが...

旅館の持ち込みゴミ問題-変わる消費者意識に対応

18/07/26    

サッカーロシアW杯での日本の活躍は見事でしたね。そしてサポーターが観客席のゴミを持ち帰ることでも各国から感心されていました。よきことです。 しかし、旅館に目を向けると、どうでしょう。無断で持ち込んだドリンクの空き缶など大量のゴミを残し...

無言作業で生産性改善?-変わる会議での意思伝達

18/06/26    

皆さんの会社では、会議はまだ会議室に集まってやっていますか? もしかすると、それは会議主宰者の自己満足を充足するだけの無駄な時間かもしれません。だって、参加者のうち何人が本音で発言をしているでしょう。そもそも発言をしないで帰る人もいる...

生産性向上にはまず正確な測定を

18/05/29    

宿泊業の生産性向上セミナーが花盛りです。 でもセミナーにはいくつかの課題があります。第一は、そもそも生産性はそれほど低くない企業の参加が多いこと(裏返せば肝心の方がいらっしゃらない?)。第二には、生産性が低いとされる小規模事業者も、よ...

環境変化しのぐ価値創造を

18/04/26    

大学と地域の二足の草鞋を履くようになって数年。地域の自治体の仕事はほぼ秋冬に集中するので、4月になると一気に学校の仕事となり、気持ちが若返ります。 日経新聞に「先輩VS新人びっくりランキング」という面白い記事がありました。それぞれがお...

ハラスメントの背景に「世代間の溝」

18/03/28    

ハラスメント流行りです。「セクハラ」「パワハラ」に始まり、「モラハラ」「スメハラ」「マタハラ」「アカハラ」「オワハラ」「アルハラ」「カラハラ」「ブラハラ」…。酒もカラオケも血液型も全部ハラスメントの対象。もう何でもありです。 そして、...

国内低迷、浮上のカギは「働き方改革」

18/03/02    

時折「『観光』は成長産業」という言葉に語弊を感じる時があります。 急成長し、旅行消費額が4兆円に達したインバウンドが文脈に含まれているならその通りですが、国内観光に至っては、最近10年間で旅行消費額にして7兆円、3割近くの消費が消えて...

「関係」が開く地域の未来

18/01/30    

「関係人口」というキーワードが注目を浴びつつあります。 「観光以上、移住未満」という意味で、その地域に居住はしていないけれど、出身地や勤務経験地だったり、知り合いがいたり、地域と何らかのつながりがあって時々通うような「ゆるい関係」を持...

皆トモダチ時代の教育

18/01/09    

新年、どんな年になるでしょうか。 一つだけ明らかなこと。それは今年も人手不足は間違いなく続くことです。採用や教育の苦労話をうかがうにつれ、現場の大変さは身に染みてわかります。最近では、入社数年の若者でもタメ口をききます。「何様?」。そ...

人材不足に「育て方改革」

17/11/29    

旅館の人手不足が深刻になっています。人が足りなくて部屋を埋められないという話はもう日常茶飯事。自ら求人サイトを立ち上げたり、人材派遣会社と提携したりと、工夫に余念がありません。そうしたサイトを訪問すると昨今の風潮を意識して、残業ほぼなし、定...

コラム アーカイブ

購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜で心揺さぶる絵になる旅

豊かな山々、山間を悠々と流れる清流。岐阜県の魅力は雄大な自然が魅せる四季折々の風景だ。その自然...

勢い立ち上る北陸湯けむり紀行福井富山編

北陸特集後編は福井県と富山県にスポット。新幹線開業で沸いた富山に続き、2023年の敦賀延伸では...

勢い立ち上る北陸湯けむり紀行石川編

新幹線開業でもはや首都圏からも流れが確立された北陸。2023年には敦賀延伸も予定されており北陸...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ