楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「変わる業界」を実感 17年本紙紙面から「観光番付」(2) 事業再編や新しいトレンド―新時代へ各所で改革進む

JTB、KNT―CT両極の選択 地域観光に「フォトジェニック」

5月にJR東日本のTRAIN SUITE四季島、6月にJR西日本のTWILIGHT EXPRESS瑞風と「豪華寝台列車」が相次いでデビュー。JR四国の四国まんなか千年ものがたりなど観光列車も各地で続々導入され、列車が旅の目的になることが改めて証明された。

瑞風

デビューした「瑞風」

変わりゆく市場の中でJTB、KNT―CTが両極の事業再編を発表したことが関脇。JTBグループは来春、地域会社などを本社集中型に再統合。業態の拡大、転換へ一枚岩で挑む。KNT―CTは今年秋に地元密着を掲げ分社化。組織をスリム化し地域に寄り添った旅行業像を描く。来年以降、真価が表れるはずだ。

三役最後の小結には「フォトジェニックブーム」と「プレミアムフライデー」。SNSに写真や動画を挙げることが旅行目的化。インスタ映えは市民権を得た上に、旅行市場を喚起する手段にもなり、地域観光の情報発信の手法としても注目を集めた。

反面、政府や経済界の旗振りで2月から始まったプレミアムフライデーは…。中小企業など制度を導入するところは少なく、見込みがはずれた格好だ。来年巻き返しなるか。

(トラベルニュースat 17年12月10日号)

(次の記事)「変わる業界」を実感 17年本紙紙面から「観光番付」(3) 「訪日客を地方へ」流れ加速
(前の記事)「変わる業界」を実感 17年本紙紙面から「観光番付」(1) 横綱は民泊新法と改正旅行業法

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
滋賀県で架ける虹色の旅へ

滋賀県の観光キャンペーン「虹色の旅へ。滋賀・びわ湖」が7月15日に始まった。12月24日までの期間中...

夏だぐんまに行こう

2017年10月、群馬県高崎市の3つの石碑「上野三碑」(こうずけさんぴ)がユネスコの「世界の記憶...

世界が認める孤高の島島根隠岐へ

海は碧く透き通り、島の濃緑と美しいコントラストを描いている。白雲がたなびく空を貫くような断崖、...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ