楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

新法施行後の「民泊」 全旅連・百戦錬磨対談(2) 世界で違法民泊の包囲網

日本の法制化に誇りを

―民泊仲介業者の新しい組織はいつごろでき、何社加盟の予定ですか。

上山 現在諸々の議論を進めております。加盟会社に関しては、将来的には仲介事業者登録を行ったすべての事業者に加入していただければいいですね。民泊仲介事業で登録申請し申請の許可待ちが今、約100あります。認定されているもので40ほどです。個人的にはみなさんがよく名前を聞くところはもちろん、許可されたところ全部に入ってもらい、JATAやANTAと同じような組織になればいいと思っています。

全旅連百戦錬磨対談

熱心に語り合う2人

―日本は違法民泊を排除を強化していますが、世界ではどうですか。

桑田 世界的にも包囲網が広がっています。11月の18、19日にニューヨークで世界の民泊の方向性を決めようという会議が開かれます。観光というものを安心安全なものとしての考えが世界に根づくというようにならないと観光は伸びません。まっとうな市場になり、その市場に対してどのように応えていくのかが問われる段階に入っていると思います。

上山 民泊について他国は地域で法律や条令を作って縛りましたが、国単位でルールをつくったのはおそらく日本だけ。そこは誇りに思うところです。それは関係者の皆様が本気で取り組んだからだと認識しています。

桑田 海外の場合は民泊を始めながら途中で修正しようとしたようですが、どうにも手がつけられない状況になってしまいました。日本は新しい法律を作る際に海外の事例をしっかり見て、他の国ではできなかった内容にしました。ニューヨークの民泊世界会議に呼ばれているのもそういった取り組みが評価されているからだと思います。

(次の記事)新法施行後の「民泊」 全旅連・百戦錬磨対談(3) 地域の新たなスタイルに
(前の記事)新法施行後の「民泊」 全旅連・百戦錬磨対談(1) 大市場を旅館へ取り込む

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花が呼び込む春−地域華やぐ旅の旬

まもなく3月、四季があるありがたさを感じる春がくる。野山を、まちなかを花々が艶やかに包むと旅へ...

地域文化に浸る艶やか雛祭り紀行

桃の節句の艶やかさは、子どもだけでなく大人の心、そして地域全体にも春の明かりを灯す。日本固有...

いだてんヒーローのふるさと“ランナーの聖地”へ

平成から新時代へと切り替わる歴史的な年に、NHKが送り出した大河ドラマは「いだてん―東京オリ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ