楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

旅館業を本音で語る「7人の若女将」 山本能楽堂で座談会(4) 土日休みで若い人確保

観衆との質疑応答 聴きごたえ溢れる“本音”

若女将座談会では会場から質問を募った。

Q.旅館は従業員が集まりにくいという状況がありますが、社員教育はどうされていますか。

谷口 自分の子どもぐらいの人たちがどんどん入ってくる時代になり、仕事はもちろんですが、人として、社会人として―という教育が一番大変です。逆に言うと、それができれば、働く上でお客様に対する心構えなどもきちんとできると思っています。

迫間 若い子たちを採用するためにどうすればいいのかを夜な夜な考えた結果、デートや遊びの予定を優先させて休みを与えることに行きつきました。土日も関係なく、私たちが補って積極的に休みを取らせるようにしたところ、バンバン若い子たちが入ってくるようになりました。特に、接客係は24時間稼働しており、朝にひと仕事して中抜けして夜にまた仕事という勤務形態が今の若い子たちには受け入れられません。そこで、接客係に関しては午後2時からの出勤にして、朝は外国の子たちに出勤してもらい、朝と夜に二分化すると辞めなくなりました。

社員教育は、私がいろいろ言っても響かないのでプロに任せて、一年に何回か外部講師を雇って話してもらっています。業務の情報共有については、グループLINEで共有して「今日はこんなことがあった」とかを時間を決めて発信するようにしています。ただ、休日のLINEはハラスメントの恐れがあるので、なるべく全員出勤している時を見計らって注意も含めて伝えるようにしています。

Q.インバウンド事業を行うにあたって根本的に意識しないといけないことは何でしょうか。

谷口 私どもの宿はFIT、ネットで予約いただく方ばかりで、キャンセル問題があります。海外の方は連絡なしが当たり前という方がまだおられます。お料理も準備して、スタッフも確保して、遅くまで待って、でも連絡がないのはきつい。そこが一番気をつけることと思います。

若女将座談会

座談会後には交流会へ

(次の記事)旅館業を本音で語る「7人の若女将」 山本能楽堂で座談会(5) 通天閣、新世界を観光
(前の記事)旅館業を本音で語る「7人の若女将」 山本能楽堂で座談会(3) 地域団結でインバウンド誘致

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ