楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

旅行会社はパートナー 勝尾寺・小嶋副住職の考え(1) 1300年の歴史を紡ぐ

「1300年以上続いてきたお預かりものを次代へとつないでいく。そのパートナーが旅行会社なんです」。こう話すのは大阪府箕面市の名刹、勝尾寺の小嶋隆文副住職。2021年秋に全旅クーポン、協同組合大阪府旅行業協会(OATA)クーポンと相次いで契約し、拝観料に対して20%の手数料を設定した。ある旅行会社は「破格の手数料率」と感嘆の声をあげる。勝尾寺に小嶋副住職を訪ねた。

「祈り」感じてもらう 観光発展へ行動起こす

「勝運の寺」「勝ちダルマの寺」として知られる勝尾寺。西国三十三所第23番札所でもあり、約8万坪の境内に咲く桜やアジサイなど花々、秋の紅葉のスポットとしても人気を集める寺院だ。かつてはインバウンドも毎年1割以上増加していた。コロナ禍にあって20年3−5月は前年比を下回ったものの、2021年は各月とも19年比を上回る拝観者数を記録している。

小嶋さんは副住職として奉職するかたわら、日本青年会議所(JC)の活動を続け、今年は国際青年会議所の会頭も務めている異色の経歴。勝尾寺は長年、シーズンの渋滞が懸案事項だったが、小嶋さんは今秋その解決策を実証事業として市や警察に提案した。

「勝尾寺の駐車場は乗用車で365台しか受け入れられません。そのため紅葉の時期や正月には大渋滞が発生していました。本来なら千里中央駅(大阪府豊中市)から40分弱で着く路線バスが3時間40分もかかり、バス会社が路線撤退を申し出てきたぐらいでした。バスの遅延はもちろん、アイドリングによる国定公園の環境、箕面全体の観光を考えても良くない、そう箕面市長に掛け合いました」。その結果、21年11月の土日祝日、勝尾寺のアプローチ道路を一方通行にすることが社会実験として認められた。しかも片側一車線はバス専用レーンとして。

「千里中央駅からノンストップが実現しました。いずれのバスも満員で、ゆったりとお参りいただけました。マイカーから徐々に路線バス、貸切バスにシフトしていきたいと考えています。環境、渋滞問題はもちろん、勝尾寺が大切にしている『祈り』を感じてもらう機会にもなるからです」

勝尾寺の小嶋隆文副住職

旅行会社は「勝尾寺に拝観する人を導いてくれる」パートナー
と話す小嶋副住職

(次の記事)旅行会社はパートナー 勝尾寺・小嶋副住職の考え(2) クーポン手数料で参拝者と向き合う

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

観光復活は四国一周しこくるりから徳島編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。最終回は徳島県の旅...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ