楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「宝物」そろう山岳高原 上高地ホテル白樺荘、初夏のミニ開山祭開く(2)

上高地の6月は「宝物」のような季節だと言われる。コナシの木が白い花をつけ、湿原にはレンゲツツジが咲き誇る。標高1500メートルの山岳高原ならでは、ヤマザクラも今が見ごろ。ミヤマザクラなど、上高地には7種類のサクラがあるとされる。

薄暗い樹林にシダ類が繁茂する様子が、遊歩道から間近に眺められるのも、原生林がしっかりと保全されている上高地ならではの景色。

足を止め、耳をすませば、キビタキ、アオジ、ウグイスなどの野鳥の声が行き交い、池や河原、湿原では、ヒナを連れたオシドリやマガモ出会うこともある。

上高地

可憐なコナシの花

上高地では5月15日に長野県から宿泊施設に対する営業自粛要請が解除された以降も、5月中ほとんどの施設が休業を続けた。そうした中、河童橋のたもとに立つ上高地ホテル白樺荘は5月16日から営業を再開した。

年間を通じてマイカーの乗り入れが規制されている上高地へは、5月16日に新島々(松本市)と上高地を結ぶ路線バスが運行を再開した。

ホテル白樺荘

梓川に架かる河童橋のたもとに建つ
ホテル白樺荘

ホテル白樺荘で広報を担当する光嶋宣敬さんは「少ないですがハイキングなどで上高地を訪れる人もいました。上高地の売店やレストランなど、全部が閉まっていては申しわけない気持ちがありました」と、営業を続けた理由を説明する。

多くの宿泊施設が7月半ばまで休業する上高地で、ホテル白樺荘では今後も宿泊、売店、カフェ、レストランなどの営業を続け、上高地を訪れた人に、いい思い出を持って帰ってもらうつもりだ。

(前の記事)「宝物」そろう山岳高原 上高地ホテル白樺荘、初夏のミニ開山祭開く(1)

(参考サイト)上高地ホテル白樺荘

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ