楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ねぶたに関わる「人」をクローズアップ 青森県のタウン誌、クラウド基金で冊子づくり

毎年、延べ200万人以上が訪れる東北三大祭りの一つ「青森ねぶた祭」。今年はコロナ禍で開催中止となったが、青森県の老舗タウン誌「ふい〜らあ倶楽部」(工藤正昭社長)では現在、ねぶたに関係する「人」をクローズアップした冊子「ねぶたNAVIプレイバック2020」をクラウドファンディング基金(目標350万円)をベースに発行しようと準備を進めている。

ねぶた祭は、歌舞伎や神話を題材にした5メートル四方もの大きなねぶたがダイナミックにまちを練り歩き、“ハネト”と呼ばれる踊り子が「ラッセラー」の掛け声とともに一斉に踊り、祭を盛り上げることで知られる。

ねぶたNAVIプレイバック2020では、そうした観衆が直接目に触れる派手なものではなく、祭りを支える“裏方”にスポット。ねぶたを運行する「運行団体」や運行団体から依頼を受けてねぶたを制作する「ねぶた師」、大きなねぶたを動かしている「曳き手」「扇子持ち」、笛と太鼓、手振鐘の「囃子方」をはじめ、ミスねぶた、ミスターハネトなど「ねぶたに関わる人々の魅力」をクローズアップした。

ふい〜らあ倶楽部はこれまで43年にわたり、青森ねぶた祭パンフレット「青森ねぶたNAVI」を発行してきた実績がある。工藤社長は「ねぶたに関わる人々の魅力を伝えることで2021年のねぶた祭カムバックに向けて『人』の思いをつなぎたい」と意気込む。

青森ねぶた祭

昨年の「青森ねぶたNAVI」表紙

ねぶたNAVIプレイバック2020は全ページカラーで150ページ、AB版で作成。一般販売はせずクラウドファンディングで支援した人のみに“返礼品”として贈る。ねぶたファンや青森ゆかりの人たちにとっては垂涎の一冊になりそうだ。

クラウドファンディング基金の募集期間は7月20日まで。同冊子のほかCD付き冊子「今すぐ話せる津軽弁講座」をリターン。基金に応じてくれた人たちのメッセージを「ふい〜らあ倶楽部」9月25日発行号に掲載することも予定している。クラウドファンディングはhttps://camp-fire.jp/projects/view/288123へ。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ