楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

別府、由布院擁する大分県が1位 じゃらん「温泉県」イメージランキング

リクルートが発行する旅行情報誌「じゃらん」はこのほど、「全国『温泉県』イメージランキング」を発表した。温泉と聞いてイメージする都道府県をアンケートしたところ、1位は別府、由布院を擁する大分県。ベスト10には毎年発表される「じゃらん人気温泉地ランキング」上位の都道府県が並んだ。

1位の大分県は別府、由布院の2大温泉地のほかにも個性的な温泉地が点在。「おんせん県」を標ぼうし観光振興に取り組むその力がここでも証明された格好だ。

2位には草津や伊香保の群馬県、3位には登別、洞爺湖などの北海道がランクイン。4位には伊豆や熱海の静岡県、5位には箱根の神奈川県と有名温泉地を擁する地がそのまま上位に入った。

草津温泉(写真は湯畑)の群馬県は2位

以下、6位は兵庫県、7位は岐阜県、8位は栃木県が、9位は同率で長野県と熊本県だった。

調査は10月1―4日に実施。全国の20―50代1005人から回答を得た。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ