楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「天に選ばれし名水の地」アピール 山梨県、関西からの来訪呼びかけ

17/09/22

山梨県観光説明会・商談会が9月6日、大阪市中央区のマイドームおおさかで開かれた。旅行会社を中心に大阪の観光事業者25社が出席した。

主催者を代表して山梨県観光部の市川美季次長は「山梨県は、日本のミネラルウォーター発祥の地で現在も4割のシェアを占めています。『天に選ばれし名水の地』としてワインや日本酒、米やフルーツなど豊かな水を背景にした地域の魅力をアピールしていきます。中部横断道が2年後に開通し、大阪から便利になります。観光目的地として選ばれるよう努めていきます」と話した。

また、やまなし観光推進機構の井澤啓理事長は「着地として皆さんに何をお伝えできるかを考えています。旅の目的が多様化する中で、素材だけを提案するのではなく、皆さんから旅のテーマを提案いただき、そのテーマに沿ったものを発掘し磨いていきたい。皆さんにとってメリットになるテーマを我々にぶつけてほしい」と訴えた。

山梨県は2016年の県観光入込客数が過去最高の3204万人になったことをはじめ、902万6千人の宿泊客数(うち外国人は137万3千人)、観光消費額4157億円といずれも前年比を上回っている。今後、今年4月にDMOの候補法人に登録されたやまなし観光推進機構では「ツーリズムビジネスデータ活性化センター」を設け、マーケティングデータの活用やワンストップサービスの機能強化を進めていく。MICE、教育旅行の誘致を積極的に行う考えだ。

説明会では、フルーツを使ったスイーツ店や雑貨ショップが並ぶ「富士大石ハナテラス」、星空観察や味噌づくりなども楽しめる体験型宿泊施設「みのぶ自然の里」など今年オープンしたスポットを紹介。富士山、果樹、水の恵みをコンセプトにしたモデルコースも提案した。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
麒麟をめぐる戦国観光の地・岐阜

戦国武将、明智光秀を描く「麒麟がくる」が2020年のNHK大河ドラマに決まり、光秀が生まれ...

緋色に染まる秋の滋賀

滋賀県の秋はパッチワークのように色鮮やか。琵琶湖は青い水をたたえ、山々は紅や黄に緑も混じる...

令和に号令、山陰新時代鳥取編

令和の時代に飛躍を図る山陰観光の今をお伝えする特集後編は鳥取県にスポット。道路網が充実、周...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ