楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

東京・新橋SL広場で「ふくしまの酒まつり」 8月29、30日

19/08/26

福島県が主催する、「ふくしまの酒まつり」が8月29、30日の2日間、東京・新橋のSL広場で開かれる。

県内52の酒蔵から150銘柄が一堂に揃う人気イベントで、毎年3万人以上が来場する。

賑わう、「ふくしまの酒まつり」

福島の酒は、2018年酒造年度の全国新酒鑑評会で、22銘柄が金賞を受賞。金賞受賞数は、7年連続9回目の1位だった。新酒鑑評会は毎年4-5月にかけて審査、発表されている。

「ふくしま酒まつり」では、ステージショーのほか、県産農林水産物を使った、福島の酒に合うつまみも多数楽しめる。

時間は両日とも16-20時。飲食は全てチケット制で、所定の枚数で酒、つまみに交換できる。前売券は6枚つづりで1000円。日本橋ふくしま館で販売している。当日券は5枚つづりで 1000円。会場で販売する。

イベントは福島復興事業として行われているもので、会場では福島県の復興状況も報告され、来県を呼びかける。

10月26、27日の2日間、福島駅東口駅前通りでも、同様のイベントを行う。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
兵庫但馬で冬の寒さに抗う熱さ感じて

新年明けて、トラベルニュースat地域特集は、兵庫県北部の但馬地方にスポットを当てた。冬の味...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・京都府亀岡市編

明智光秀をめぐる物語は、いよいよ佳境に入っていく。京都府亀岡市は「本能寺の変」へ出陣した...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・岐阜県可児市編

戦国時代、斎藤道三が基礎を築き、織田信長が発展へと導いた現在の岐阜市。明智光秀はこの地で...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ