楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

青梅・奥多摩(東京)で、自転車イベント「シクログおうめ」

19/08/27

青梅商工会議所は9月22日、青梅・奥多摩町エリアを会場にサイクリングイベント、「CYCLOG(シクログ)inおうめ」を開催する。

「シクログ」は、サイクリングをしながら観光施設や飲食店、ダムや橋、寺社や公園などのチェックポイントを回り、ポイントごとに設定された得点の多さを競うゲーム。

専用スマホアプリを使い、制限時間にエリアマップに配置されたチェックポイント(ログスポット)の得点を獲得していく。

ログスポットにはそれぞれ得点があり、スタート地点から近い、あるいは密集しているスポットほど点数が低く、遠く離れて点在しているほど点数が高い。

決まったコースがないのが特徴で、近場を数多く回って得点を積み上げたあり、高得点狙い遠くのログスポットを回るといった脚力に応じたゲームプランが立てられる。

ログスポットは、〇赤塚不二夫館〇青梅駅〇青梅鉄道公園〇もえぎの湯〇奥多摩大橋〇青梅七福神〇小澤酒造-など、青梅から奥多摩にかけての多摩川沿いを中心に全部で120カ所あまりが設定されている。

青梅市の御岳渓谷(多摩川)

得点は、ログスポットの写真を撮影しSNSに投稿することで自動的に加算される。獲得した得点はリアルタイムで反映され、他の参加者の得点も分かることから、競争のだいご味も味わえる。

シクログは、サイクリングと、オリエンテーリングに似た屋外スポーツ「ロゲイニング」を組み合わせた言葉。専用のアプリを地域活性化事業のシーバード(東京都世田谷区)が開発し、イベント実施をサポートしている。

2016年ころからこれまで軽井沢町、神戸市などで20回ほどシクログを開催している。

コースづくりの必要がない手軽さや、イベント当日の要員が少なくすむなどが特徴で、ログスポットで飲食するとポイントが加算されるなど、消費につながる工夫もされている。

シクログおうめは、個人、グループ、ファミリーなどのカテゴリーがあり、参加費は、高校生1080円や、グループ(2-5人)10800円など。自転車は持ち込みが基本。

定員は300人を予定。現在、専用のウェブサイトから申し込みを受け付けている。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
麒麟をめぐる戦国観光の地・岐阜

戦国武将、明智光秀を描く「麒麟がくる」が2020年のNHK大河ドラマに決まり、光秀が生まれ...

緋色に染まる秋の滋賀

滋賀県の秋はパッチワークのように色鮮やか。琵琶湖は青い水をたたえ、山々は紅や黄に緑も混じる...

令和に号令、山陰新時代鳥取編

令和の時代に飛躍を図る山陰観光の今をお伝えする特集後編は鳥取県にスポット。道路網が充実、周...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ