楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

USJ、三代目とコラボして新生「ゾンビ・デ・ダンス」を初公開

19/09/06

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)は9月6日から、「絶叫」」「大人」」「こわかわ」3つのハロウィーンがスケールアップ、 過去最大のアトラクション数となる「ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン」を開催する。5日には「三代目J SOUL BROTHERS」とコラボした1000人によるダンスが行われた。ハロウィーンまで盛り上がりを加速する。

ゲスト1000人がゾンビ&モンスターと“DIVE”

5日には、1000人による「ゾンビ・デ・ダンス」を実現

7日からの「ハロウィーン・ホラー・ナイト」に先駆け、「絶叫ハロウィーン」のゲスト参加型ホラー・エンターテイメント「ゾンビ・デ・ダンス」を5日に開催、 過去最大スケールのゾンビ&モンスターとゲスト約1000人が、 「Rat-tat-tat(ラタタ)ダンス」をキレッキレに踊り、 圧倒的なハロウィーン空間に“DIVE!!”して大熱狂した。 今年の「ゾンビ・デ・ダンス」は、 ユニバーサル・スタジオ・ジャパンと「三代目J SOUL BROTHERS」の新曲「Rat-tat-tat」とのコラボレーションにより、EXILE NAOTOさん・山下健二郎さん(三代目 J SOUL BROTHERS)の「ゾンビ・デ・ダンス」アンバサダー就任、 リーダー小林直己さんによる「Rat-tat-tatダンス」考案など、 “世界最高クオリティ”のエンターテイメントとして大きく進化している。すでにSNSなどではトレンド入りするなど、話題となっている。

1000人が熱狂

5日午後6時30分ごろには、 特別招待ゲスト約1000人が集まるニューヨーク・エリアのグラマシー・パークに、 おぞましいゾンビ&モンスターの群れが次々に登場。 夜のストリートは不気味な異世界へと変貌した。 ファットにパイレーツ、 無残な姿のゾンビたちに加え、 今年初登場のモンスターたちも、 常識を覆す最恐インパクトでゲストの恐怖を誘うなか、 「三代目 J SOUL BROTHERS」の新曲「Rat-tat-tat」が鳴り響くと、 大量のゾンビ&モンスター、 そして、 1000人のゲストが、 「Rat-tat-tatダンス」を一斉に踊りだした。 ゾンビがキレッキレに踊り、 モンスターが空を舞い、 大迫力モンスターが徘徊する、 過去最高スケールとクオリティの「ゾンビ・デ・ダンス」に、 ゲストのテンションも最高潮に。 ゾンビやモンスターと一体となって、 “世界最高コラボレーション”の「Rat-tat-tatダンス」を踊る、 ここにしかないハロウィーンの世界に“DIVE!!”したゲストは、 自分を解き放って熱狂する、 最高のハロウィーンを体験した。

さらに、 パークの大人気アトラクション「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド」には、 「Rat-tat-tat」を期間限定で搭載中だ。 ライド体験でも「Rat-tat-tat」の独特なリズムを楽しめる、 期間限定コラボレーションとなっている。

キレキレのゾンビダンス

「今まで経験したことないゾンビハロウィーンだ」

 ■「ゾンビ・デ・ダンス」を体験したゲストのコメント

「今までと全く違うハロウィーン体験だった!ゾンビと一緒に踊るなんて、 日常では絶対に感じられない感覚で怖いけど、 思い切って飛び込んでみたら、 とても楽しかった。 ダンスはみんなで一体感を感じられて、 今日イチ楽しくて、 大熱狂した」(20代女性2人組、 大阪府在住)

「『Rat-tat-tatダンス』が、 とにかくカッコ良かった!WEBのスペシャルムービーで練習してきたけど、 足がうまくできなかった。 もっとこの世界に入り込めるように、 次回までに練習してくる」(20代女性、 兵庫県在住)

 ■ストリートゾンビ

「ゾンビ・デ・ダンス」終了後、 ストリートの雰囲気は一変。 凶暴なゾンビが次々と出現、 ゲストを襲いはじめ、 あちこちで悲鳴があがった。 チェーンソーを振り回す極悪囚人のゾンビ、 海賊たちがゾンビ化したパイレーツゾンビ、 リボンをつけた女の子のゾンビたちなど、 どこを歩いても多種多様なゾンビに遭遇し、 襲いかかる「絶叫ハロウィーン」の代名詞ともいえるストリート・ホラー・エンターテイメントに、 ゲストは我を忘れて逃げ惑い、 絶叫と熱狂に包まれた。

 ■「ストリートゾンビ」を体験したゲストのコメント

「めちゃくちゃ叫びまくってスッキリできた!パークのゾンビはいつも勢いがあるけど、 今年も期待を裏切らなかった。 ゾンビのうめき声やチェーンソーのカナキリ音、 リアルなメイクなど怖さが五感にきて、 これはパークに来ないと絶対にわからないと思う。 会社を休んで来た甲斐があったし、 予想以上に怖くてクセになりそう 」(20代女性、 京都府在住)

「ゾンビ映画にドーンといきなり放り込まれたみたい!気づいたらゾンビに囲まれて、 逃げるしかなかった。 よくみるとピエロの衣装がかわいかったり、 一体一体の造形やメイク、 演出のクオリティがすごくて、 こだわってるなーと思った 」(20代女性、 兵庫県在住)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ