楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

山陽・九州新幹線、通常の本数に JR西日本・九州・四国が6月13日から運転計画見直し

20/06/04

JR各社は6月3日、新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言が解除されたことなどから、6月13日から新幹線の定期列車を通常の運転に戻すなど運転計画の見直しを発表した。

JR西日本では6月13日以降、九州新幹線と直結する山陽新幹線「みずほ」「さくら」の定期列車をすべて運転。これで山陽新幹線はすべて通常の本数に戻る。

JR九州も6月13日始発から、「みずほ」「さくら」「つばめ」定期列車をすべて運転すると発表。これに伴い現在運行している臨時列車は同12日で運転をとりやめる。

JR四国は6月13日から運休していた一部列車の運転を再開。高徳線「うずしお」4本、徳島線「剣山」4本の合計8本の特急列車は同30日まで運休する。すべての列車の運転再開は7月1日を予定している。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ